なぜ今さら検査の重要性が問われるのか?

性病は今はしっかり検査して、早期発見早期治療を
すれば良くなることが多いのに性病で苦しむ人や
感染者数が増加してしまっているのは、検査に
行かない人や、検査に行こうと思ってはいるけど
行動に移せない人が多いからだと思います。

実際に命に関わる性病はhiv、梅毒、C型肝炎、B型
肝炎、スーパー淋病などが色々ありますが、その中
でも性交渉での感染が多いのがhivと梅毒です。

そして、その中でもぎりぎりまで症状が出ないのが
hivなので性病によって命を落としたくないと
思うならhivの検査を受けることをおすすめします。

また、これらの病気は性病と言われていますが、
ピアスや入れ墨などからも感染することがあるので
少しでも心当たりがある人は不安を取り
除くためにも検査をするべきです。

しってますか?エイズの本当の怖さ

そもそもhivとエイズは違うもので、hivは感染してい
る状態、エイズは発症してしまった状態を言います。

ここで、エイズが怖いと言われている理由の一番は、
治療法がほとんどないという点です。

実際にエイズを発症してしまったら助からない
ことがかなり多いと言われています。

しかし逆に言えばエイズを発症していない、つまり
まだ感染段階であるhiv患者に対しては
有効な治療方法があるのです。

現在のhivの治療はかなり進化していて薬を
しっかり飲み続ければ平均寿命まで
生きることが可能になってきています。

感染しても生き続けることができるって本当!?

薬を飲み続けることで命が助かるのに検査にいかない
人が多いのは、hivに関する無知によるものと検査が
嫌だ、怖いなどのケースがとても多いです。

しかし、実際にhivに感染してからエイズを発症する
までの期間は年々短くなって来ている傾向にあり、
そのうち検査すればいいと思っていては
手遅れになってしまいます。

いきなりエイズという、エイズを発症して初めて
hivに感染していたと気づくような最悪な事態を
避けるためにも、早期検査をお勧めします。

なぜ、検査方法がこんなに存在するのか!?

検査方法には、保健所、クリニック、自宅検査などが
一般的ですがそれぞれどう違うかを説明します。

・保健所

匿名で受けれるところが多いですが、時間や曜日がか
なり限られていて都合をつけるのがとても大変で、当
日行ってもかなり待たされることが多いです。

また、匿名とはいえ待合室で知り合いなどと
鉢合わせになる可能性は0ではないです。

・クリニック

検査結果がすぐに出たり、時間の融通がききますが値
段が高いのと匿名で受けれなかったり知り合いと遭遇
する可能性があったりとプライバシーの面で少し不安
な点があります。

自宅検査のメリットをきちんと理解してますか?

あなたの好きな時に検査でき、知り合いに見られること
もないので安心して受けることが出来ます。

このように様々な検査方法はありますが、とにかく
後回しにせず検査することが重要なので、
早期検査をご検討ください。

コメントを残す