なぜGME医学検査研究所は種類が分かりにくい?

GME医学研究所は検査キットの種類が
多く、分かりにくい印象があります。

どの性病にかかっているかを知るために、
いち早く検査をしたいと思っても、
どの検査キットを選べばよいのか
分からなければ、どうにもなりませんよね。

検査キットの種類が多いことに惑わされず、
どの性病の検査ができるのかをしっかりと
見分けて検査をする必要があると考えてください。

梅毒、クラミジア、淋病に加えてHIVの検査ができる
キットはオーソドックスではないかと思います。

STDの心配が大きい方はGMEが向いている?

検査キットの種類が多いのがGMEの特徴ですが、
STDの数を一度にたくさん検査できるのは、GMEの
検査キットのメリットの一つではないでしょうか?

女性用の12種類の検査キットは、性病の数は
非常に多い部類に入りますが、ここまで多いのは
GMEの検査キットくらいではないでしょうか?

GMEの検査キットは「性病に絶対かかっている」と
思っているような方には是非
お勧めできるキットだと思います。

この12種類の検査の内、2種類は通常のSTDの検査とは
ちょっと異なったものを扱っているのです。

HPVを検査できるのはGMEの検査キットくらい!?

HPVはセックスの経験があれば誰もが
感染している可能性を否定できないウイルスです。

このHPVは子宮頸部に感染すると子宮頸がんを
引き起こす可能性も示唆されています。

この子宮頸がんに罹ってしまうと妊娠することが
困難になってしまうかもしれません。

従って、子宮頸がんやHPVの検査をする事が
とても重要であることは言うまでもありません。

いち早くこれらの検査をして安心しましょう。

GMEならではのメリットは一体なんなのか?

それぞれの検査キットで採り直しキットを
求めることができるということです。

例えば自己検査で失敗したときに
とり直しキットを使用してください。

この取り直しキットは無料の場合と、有料の
場合がありますが、有料の場合でも
比較的安く購入することができます。

先ほどのHPV・子宮頸がんの検査ができる
ことに加え、採り直しキットを求めることが
できるのはGMEの最大のメリットです。

コメントを残す