必見!どの販売店にも長所や短所がある?

やっぱりHIVの検査を自宅に居ながら行いたい

でも、どこの販売会社からのキットを
購入すればいいのか分からない・・・

迷う方も多いと思うのでどの会社のキットがどのような
メリット、デメリットがあるのかまとめてみました。

なぜGME医学研究所は種類が分かりにくい?

調査事項 特徴
キットの最安値 3130円
最大検査項目数 12項目
長所 最大12項目のSTD検査が一つのキットでできる
失敗時に無料で再度検査ができる
HPVの検査ができるのはここだけ
短所 項目数やキットの数が多すぎて選択に悩む

たくさんの種類の検査を一度に受けたい,
失敗時に、やり直したい、HPVの心配が
ある方
は是非GMEを検討してみてください。

もっと詳しくGME医学研究所を知りたい方はこちら

さくら検査研究所の検査項目は少ないのか?

 

調査事項 特徴
キットの最安値 2160円
最大検査項目 8項目
長所 採血時の痛みがピンニックスライトで激減できる
短所 一番多い検査項目でも8種類は少ない

さくら検査研究所の最大の特徴は、痛みを激減
する
ピンニックスライトを使用しています。

もっと詳しくさくら検査研究所を知りたい方はこちら

なぜ、STD研究所のHIV検査キットは高いの?

調査事項 特徴
キットの最安値 4980円
最大検査項目 12項目
長所 プライバシーの配慮が高い
短所 全体的にキットの値段が高い

プライバシーだけは守ってほしい!

殆どの方はそう思っているはずですが、
梱包包装で郵送されるこのキットは他社
よりもよりプライバシーに配慮されています。

もっと詳しくSTD研究所を知りたい方はこちら

ふじメディカルの検査キットは特徴は無いのか?

調査事項 特徴
キットの最安値 3300円
最大検査項目 10項目
長所 サイトでSTDのことがよく分かる
短所 特別な特徴は無し

性感染症は色々な種類がありますが、
あまりSTDに関して理解できていない方は
ふじメディカルのサイトを閲覧してみて下さい。

もっと詳しくふじメディカルのを知りたい方はコチラ

コメントを残す