自宅でできるSTD検査のやり方。

最近では、婦人科や泌尿器科を受診しなくても自宅で
できるSTD(性病)検査のキットがあることはご存
じの方も多いことと思います。

でも、費用面はともかくとして具体的なやり方はどう
するの?と不安に感じる方のために、ここでは詳しい
方法をご説明させていただきます。

検査の流れ。

まず初めに数種類ある検査の中から、必要な項目を
選びます。どれとどれを選べばよいかわからない方
は、予算が十分にあれば全項目検査を選んでもよい
ですし、特に気になるいくつかの項目に絞って選ん
でもよいでしょう。

自覚症状のある方は、症状別に選ぶべき検査項目に
ついて解説しているサイトもありますので、参考に
するとよいでしょう。

検体採取の方法その1。

検査項目を決め、代金を支払えば、検査機関から
検体採取キットが送られてきます。

検体採取の方法は検査項目によっても違いますが、
主なものについて一つ一つ詳しく説明していきま
しょう。

まず、ランセットと呼ばれる採血器があります。
これは指先から採血するための器具で、使い捨
てなので安全です。梅毒、エイズ、肝炎などの
検査に用います。

次に、採尿器があります。これは男性用のみで、
クラミジア、カンジダ、トリコモナス、淋菌な
どの検査に用います。

検体採取の方法その2。

女性のデリケートな部分から検体を採取するため
には、見慣れない器具の出番です。怖いことや難
しいことは何もありませんので、説明書をよく見
て落ち着いて検体採取に臨みましょう。

咽頭部と膣内からの分泌物を採取する器具として、
カルチャースワブとSTDスワブというものがあ
ります。

いずれの器具も、普段からタンポンを使っていら
っしゃる方なら、特に問題なく検体採取が行える
ようなものです。

そうでない方にとっては少しコツがいるかもしれ
ませんが、時間と心に余裕のあるときに落ち着い
て行えば決して難しいものではありません。

医院を受診する手間や恥ずかしさを考えれば、ここ
は頑張りどころです。

検体採取終了後。

検体さえ無事採取できれば、後は検体を検査機関
へ送り、結果を待つだけです。お疲れさまでした。

コメントを残す