自宅でできるSTD検査キットの有用性とは!?

最近、テレビやネットニュースでも話題になって
いますが、日本では梅毒の患者が
増加していることをご存知ですか?

梅毒は性感染症の一つで、避妊具を使用しない、
もしくは正しく使用しない性行為が
感染を拡大する原因になっています。

何も自覚症状はないけど心当たりのある性行為をした、
自分も感染しているかも、と考えた場合、恥ずかしさや
面倒臭さから病院に行かない方も多いですよね。

しかし、性感染症は放っておくと
将来的に体に大きな影響を与えます。

なかなか病院に行けない方、性感染症に
なっているか気になる方のために
自宅でできるSTD検査キットをご紹介します。

自宅でできるSTD検査キットとは!?

STDとは何か、と思う方もいるかもしれませんが、
これは「性により感染する病気」のことで、
性病、性感染症のことを指しています。

STD検査キットは数種類の項目について検査する
ことができ、ネットで購入することが可能です。

キット購入後、説明書に従って自宅で検体を
とり、専門の研究機関に送付することで
性感染症感染の有無を検査してもらいます。

もちろん、匿名性にも優れており、検査結果はIDを
使用してネットで確認できるところもあるようです。

家族にも知られたくない、時間のない方にも安心ですね。

STD検査キットのデメリットとメリット!

検査結果が陽性であった場合、キットでは治療は
できないため病院へ行かなければなりません。

また、キットで検体を採取する際、正しく検体が
採取できていない場合、これも
正しい結果を得ることができません。

これらの点が病院と比較すると
デメリットとなる点でしょう。

キットで採取した検体は専門の機関に送られるため、
病院と同等の精度の結果が得られます。

病院に行く必要がないことや
匿名性の高さでは大きなメリットがあります。

もしかしたら性病かも、と思ってネットを見たり
家で悩んでいるだけでは不安は解消されません。

気になる点があるのであれば検査キットを
使用して白黒つけるのが一番いい方法です。

自宅でできるSTD検査キット、試してみてください。

あなたは「STD検査薬」というものを知っていますか?
聞きなれない言葉だと思います。

「STD」とは、「性病・性感染症」を意味する言葉の略称です。

性感染症と言われれば、いくつか知っている病気もあることでしょう。

クラミジア・梅毒・HIV・マイコプラズマ・エイズ・・・
上げていけばキリがありません。

そしてこれらの病気は意外に身近に存在するのです。

病原体によっては、男性の体で反応があまり見られないもの。

女性の体で反応があまり見られないものも存在します。

あなたは大丈夫ですか?
未来の配偶者や子供のためにも、STD検査薬は有用なものだと言えます。

時代が進み、医学が発達したことにより、
誰でも簡単に購入し、検査することができるようになりました。

この機会に自分の体を調べてみるのはいかがでしょうか?
 

早くしよう!!「STD検査薬を使う」という決断!

最近よく聞くようになった「STD検査薬」。

インターネット上でも見かけることが多いですね。

「STD」とは、性病・性感染症の略で、
「STD検査薬」は自身が病に侵されていないかを検査する薬です。

自分には関係のないことだと思ってはいませんか?
お付き合いしている相手が「性病・性感染症にかかっていない」
と断言できますか?できないはずです。

性病・性感染症は自覚症状があっても病院に行く気が起きないことが多く、
不明のまま放置している場合もあれば、自覚症状すらない場合もあります。

科学は進歩し、医学が発展してきたことで、
より低コストかつ安全にご自分で検査することができるようになりました。

家族のことを考えれば、検査しないなんてことはないと思います。

「もしも」の有事に備えるためにも、STD検査薬の使用をお勧めします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蔓延する性病と止まらない性感染症

あなたは性感染症や性病のことについて、
どれだけ知識を持っていますか?
名前、感染経路、健康への害。

ほとんど知らないのではないでしょうか?
百歩譲って、名前は知っているとしましょう。

感染経路は?
オーラルセックスでも性感染症に感染します。

「入れてないから大丈夫」?
そんなわけありません。

案外私たちは性感染症、STDについて無知であると言えます。

防衛策も無い私たちが唯一できること。

それは、「STD検査薬を使用すること」です。

せめて感染の連鎖を断ち切るために検査薬の使用を推奨します。

彼女が性感染症に侵されていないと言い張れますか?

彼氏が昔は女と遊び歩いていたなんて信じられますか?

それらはすべて「STD検査薬」を使用すれば解決します。