仕事が忙しいから検査に行けないことはない!?

検査が受けられる日時は非常に限られている
現代日本社会において性感染症(STD)は
無視することのできない深刻な問題です。

それにも関わらず、多くの人たちがこう言います。

「でも、STDって遊んでいる
人たちがなるものでしょう?」

「私には関係ないわ」

あまり関心を示さないことが多く、妊娠や各種手術前の
血液検査時、最悪の場合はエイズを発症して初めて
感染症に気がつくということも珍しくはありません。

このような自体を避けるために
定期的な検査は非常に有効だと考えられます。

どのようにSTDの検査を受ければよいのか?

各種市町村の保健所が無料でSTD検査を行なっている
ことを知っている方も多いのではないでしょうか?

また、有料ですが病院に行くことで
STD検査を行うことも可能です。

しかしながら保健所が行なっている無料の
STD検査は検査の受付並びに結果報告に
非常に厳しい時間の制約があります。

例えば、横浜市のほとんど多くの保健所では週に
一回だけ、平日の昼間のたった一時間のみの受付です。

一方で病院でのSTD検査は保健所に比べて選択できる
日時に幅はありますが、非常に混んでいることが多く、
仕事をしていると診療時間内に検査に行くことは
容易ではありません。

郵送検査キットは思い立ったその瞬間に申し込み!?

「感染してしまったかも」と一度不安になるとすぐ
にでも検査を受けたくなる方が多いと思います。

しかしながら、「仕事の都合で保健所はおろか、
病院にすら検査に行く時間が取れない」
となった場合どうしたらいいのでしょう?

もし感染していた場合、感染症は
進行を待ってはくれません。

一刻も早い検査と、それに伴う適切な治療が必要です。

スケジュールの関係上、どうしても検査に
行くことができない方は郵送検査キットを
利用してみてはいかがですか?

検査キットの良さを知っていますか!?

郵送検査キットの場合、多くの検査機関が平日日中で
あればいつでも電話での受付に対応してくれます。

また、どうしても人と直接話したくない場合は
ファックス並びにメールでの受付も可能です。

ファックやメールを使用した場合、
24時間受付が可能です。

また結果報告を受け取るために
わざわざ出かけて行く必要もありません。

最短二日から一週間程度で結果が自宅に郵送、
もしくはメールにて報告されます。